テレ窓なら
見た目も、対応も、
等身大

テレ窓とは、まるで 目の前に人がいるように等身大で対応ができるオンライン相談・リモート接客・テレビ窓口システムです。対応可能な受付窓口の全国拡大や、専門スタッフのオンライン相談対応など、ビジネスの可能性をさらに拡大できるシステムです。

オンライン相談・リモート接客
遠隔接客・テレビ窓口システム

テレ窓なら
見た目も、対応も、
等身大

テレ窓とは、まるで 目の前に人がいるように等身大で対応ができるオンライン相談・リモート接客・テレビ窓口システムです。対応可能な受付窓口の全国拡大や、専門スタッフのオンライン相談対応など、ビジネスの可能性をさらに拡大できるシステムです。

「テレ窓」で、オンライン相談・リモート接客・テレビ窓口をはじめませんか? 導入キャンペーン実施中!
25th

※ テレ窓は、簡単テレビ会議LoopGateをテレビ窓口に最適化したパッケージ製品です。

まずはつないで見て触って、試してみませんか?

オンライン相談のテレ窓

無料トライアル 受付中!

無料トライアル
受付中!

実際につないで映像・音声の品質、操作性をご体感ください!

フリーコール0120-372-275(みんなにつなご)

平日 9:00 ~ 21:00 土日祝 9:00 ~ 18:00

オンライン相談システム(リモート接客・テレビ窓口)とは?

オンライン相談システム(リモート接客・テレビ窓口)とは、簡単に説明すると、テレビを見る感覚で、音声だけでなく、映像や資料を交えて相談や窓口対応できるシステムです。

オンライン相談システムではなく、遠隔窓口やテレビ窓口、リモート接客システム、無人受付システムなどと呼ぶ場合もあります。

一見すると、Web会議システムやテレビ会議システムとよく似ていますが、Web会議システムやテレビ会議システムとオンライン相談システムは別物です。

普段は専門の担当者がいない支店・出張所や、突発的にお客様が来られてお待たせしてしまう場合などに、コールセンターに接続し、まるで有人対応しているように、等身大でお客様対応ができるシステムとなっています。

Web会議システムをオンライン相談として利用しようとすると、その度に接続用のURLを発行し、それをお客様に伝え、お客様とオペレーターそれぞれが双方の拠点から接続する必要があります。
そのため、お客様の通信回線の状況や使用されるデバイス(パソコンやスマホなど)に通話品質が左右されてしまい、画面も小さく見づらくなっていしまいます。


一方、オンライン相談システムであれば、窓口に専用のシステムを設置しておきますので、お客様は窓口に来られたら、椅子に座って専用のシステムで接続するだけですので、難しいことを考える必要がなく、誰でも簡単に問い合わせをしていただくことが可能です。

お客様対応で、次のような課題はありませんか?

  • 専門の担当者が限られているため、支店・支社・出張所に来社されたお客様の対応ができない。
  • 特定の時期だけお客様が増えるが、そのために専門のスタッフを増員するのが難しい。
  • コロナ禍で従業員が減ってしまったが、急な増員が難しい。

POINT コミュニケーションで大切なのが表情やしぐさ

コミュニケーションにおいて相手が自分の伝えた内容を理解しているかどうかの判断は、言語コミュニケーションのみに頼っているのではなく、相手の表情や姿勢、視線の動きなどのさまざまな手がかりを受け取っています。
たとえば、口では「分かりました。」と行っていても、目線がずれていたり、自信無さげな表情だと、本当は理解していないだろうと判断できます。こういった言語以外の情報を非言語コミュニケーションと呼ばれています。

この非言語コミュニケーションの割合が大きいのです。
心理学者のメラビアン氏の研究によると、相手の好意を判断する場合、言語内容は7%、音声と音質は38%、表情としぐさは55%という法則があるとのことです。

顧客対応において、商品やサービスの説明をする場合にも、同じようなことが言えると思います。
小さな画面だと表情やしぐさを伝えづらかったり、お客様の反応を分かりづらくなってしまいます。
ですので、オンラインであっても等身大でコミュニケーションを取ることで、リアルに対面しているかのようにお客様対応ができ、商品説明を適格に伝えられ、お客様の様子もしっかりと把握できるようにすべきでしょう。

“テレ窓”なら誰でも簡単設置!
たったのSTEPで相談窓口を増設

専門知識や難しい操作は不要です。
モニターを設置する
本体・マイク・カメラを設置する
ボタンスイッチを設置する

オンライン相談システム “テレ窓” を導入すると

専門の担当者は本社だけでも、
支店・支社・出張所に来社されたお客様の
対応が可能となります。

専門スタッフは、本社にいれば、支店・支社・出張所を訪問した
お客様の対応が可能となります。

想定利用シーンは例えば、「本社・コールセンター」と「店舗」、「市役所(本庁)」と「出張所・公民館」といったシーンでご活用いただけます。

特定の時期や想定外の時間帯にだけお客様が増えても、本社やコールセンターでカバーできるようになります。

毎年3月だけ客数が増えるが、各店舗で一時的な増員が難しいなどがあると思いますが、一時的にコールセンターの人員を増やしたり、本社の間接部門のスタッフであれば、対応研修もまとめてできるなど、効率的に増員対応が可能となります。

また、予測が難しい一時的な顧客の集中も、コールセンターに対応を委ねることで、顧客の波を吸収することが可能となります。

コロナ禍で従業員が減ってしまっていても、
本部やコールセンターで柔軟にカバーできます。

コロナ禍で、シフト時間を減るなどの理由で、離職者が増え、
従業員数が減ったが、アフターコロナで、店舗に賑わいが戻ってきた場合に、スタッフ採用が追いつかないのではと不安があるかと思います。

テレ窓があれば、本社やコールセンターで一括で採用活動を行えば、採用コストを下げ、スピードアップを図ることができます。
また、コロナの波がやってきた場合でも、本社の人員調整のみで対応が可能となり、柔軟な経営をすることが可能となります。

人事配置で転勤問題が無くなる

人材の人事配置を行う場合、専門スタッフが所属する拠点配置も検討事項に入るのではないでしょうか。
場合によっては、専門スタッフをある拠点に集中させる必要があるかもしれません。
そうなった場合、スタッフの所属拠点の異動が発生します。
しかし、スタッフによっては家族の都合などで、転勤が難しい場合があるでしょう。

「テレ窓」があれば、その問題の解消になります。
転勤の必要が無くなるので、人材配置の制限から開放されるからです。
女性の活躍推進にもつながりますし、適材・適所の人事配置ができれば、会社としても事業構想を練りやすくなるはずです!

まずはつないで見て触って、試してみませんか?

オンライン相談のテレ窓

無料トライアル 受付中!

無料トライアル
受付中!

実際につないで映像・音声の品質、操作性をご体感ください!

フリーコール0120-372-275(みんなにつなご)

平日 9:00 ~ 21:00 土日祝 9:00 ~ 18:00

“テレ窓”はパッケージ構成で、簡単導入

「テレ窓」は、オンライン相談に必要な機器をセットにした専用パッケージですので、導入も非常にシンプルです。
対応の方法やご要望に合わせて、機器構成を組み換えることも可能となっており、 専門のコンサルタントがご要望をお聞きし、
最適な機器構成をご提案いたします。

業界別活用例

業界別にオンライン相談を活用するシーンをご紹介します。

官公庁

本庁に行かないと手続きできなかったことも、公民館や公共施設にオンライン相談できるシステムがあれば、わざわざ本庁まで出向く必要が無くなるため、公共サービスのレベルが向上できます。

また今後、デジタル化が進んでいくこととなりますが、苦手な方はオンライン手続きの方法が分からない、デジタルは得意だが、官公庁ならではの専門用語が分からず、何をどうしたら良いのか分からない、などが生じた場合に、書類の書き方の説明が可能であったり、実際に住民に確認してもらいながら、代筆も可能となります。

国民健康保険、国民年金、介護保険、税金、医療費助成、障がい福祉、生活福祉、補助・助成制度
事業振興、補助金、事業融資制度、災害対応

ホテル、旅館

夜間に突発的な対応でフロントを空けてしまった場合でも、コールセンターで対応することで、館内の利用方法の案内やチェックイン手続きができるようになります。
また、通訳サービスと連携させることで、外国人のお客様の受け入れも可能となります。

フロント対応、夜間受付、各フロア毎の受付、通訳(外国語、多言語対応)

ホテルの受付に設置したテレ窓

旅行代理店

夕方以降、土日祝など受付が混む時間帯を「テレ窓」で対応することで、お客様をお待たせせずにスムーズな対応が可能となります。
各支店で、スタッフの配置調整を行おうとすると全体で見ると過剰人員となってしまいますが、コールセンターで一括して人員調整を行うことで、全体最適を行うことが可能となります。

また、外国語が堪能なスタッフをコールセンターに配置すれば外国人対応も可能となったり、
単身赴任中の家族の旅行手配なども、「テレ窓」があれば家族みんなで旅行の申し込みが可能です。

繁忙期・繫忙時間帯の対応、外国人対応、コールセンター対応

旅行代理店のコールセンターに設置されたテレ窓

マンション管理

管理人が常駐していない巡回型管理、管理人常駐の時間外でも、「テレ窓」があればコールセンターで対応可能となり、住民の満足度向上につながります。
資料提示が可能なため、万一のトラブル時にも資料を提示して具体的に説明できるため、迅速な対応が可能となります。
外国人も増えていますが、「テレ窓」なら外国語での対応も可能です。

管理人対応、夜間対応、時間外対応、鍵の紛失、水漏れ対応、緊急対応、外国語対応

カウンターに設置した「テレ窓」
壁面に取り付けた「テレ窓」

その他、レンタカーショップ、金融機関(銀行・証券)、保険代理店、家電量販店、工務店・リフォーム会社、葬儀会社、会社の受付窓口などさまざまな場面で、「テレ窓」を活用いただけます。

まずはつないで見て触って、試してみませんか?

オンライン相談のテレ窓

無料トライアル 受付中!

無料トライアル
受付中!

実際につないで映像・音声の品質、操作性をご体感ください!

フリーコール0120-372-275(みんなにつなご)

平日 9:00 ~ 21:00 土日祝 9:00 ~ 18:00

よくある質問(FAQ)

Q
壁に設置することは可能ですか?
A

はい。壁掛け金具等を利用することで壁に設置いただけます。

Q
導入は大掛かりになりますか?
A

いいえ。基本的に容易に設置可能です。機械が苦手な方でも、お客様ご自身で設置可能です。
万一、不明な場合はテクニカルサポートによる対応、訪問設置サービスもご用意しておりますので、担当コンサルタントまでお問合せください。

Q
「テレ窓」をパソコンでやタブレットでできませんか?
A

パソコンやタブレットでオンライン相談を行うことも可能ですが、パソコン自体の動作状況(他のアプリ動作)などが影響で、接続状態が安定しない場合があります。
安定した接続と接続の持続性を実現するために、弊社では専用機のご使用をおすすめします

会社概要

商号

ギンガシステム株式会社

所在地

<東京本社>
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿三丁目28番12号 ATYビル4F
TEL 03-5421-2323 / FAX 03-5421-2325
<大阪オフィス>
〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満五丁目6番4号 SNビル5F
TEL 06-7663-3300 / FAX 06-7663-3301

事業開始

1997年4月1日

設立

2013年7月1日

資本金

1000万円

役員

取締役 会長 阿久津貴史
代表取締役 社長 比嘉 英樹
取締役(非) 稲角 好宣
取締役(非) 山下  淳

株主

株式会社ジー・コミュニケーション(100%出資)

取引先企業
(50音順、敬称略)

グーグル株式会社
KDDI株式会社
GNオーディオジャパン株式会社
ソフトバンク株式会社
ダイワボウ情報システム株式会社
長沼商事株式会社
西日本電信電話株式会社
東日本電信電話株式会社
富士フイルムビジネスイノベーション株式会社
株式会社三菱UFJ銀行
ヤフー株式会社
ヤマハ株式会社
UQコミュニケーションズ株式会社
株式会社ロジクール